HISTORY

ビーチサッカーの歴史

ビーチサッカーの歴史・現状

ビーチサッカーは、当初、サッカー愛好者のレクリエーション・スポーツとして親しまれていた。1992年競技規則の統一が図られて以降、世界選手権等をはじめとする競技会が盛んに行われるようになり、2005年以降、世界各国において国際サッカー連盟(以下「FIFA」)が管轄する競技として浸透、普及が図られている。

1995年、第1回世界選手権がブラジルのコパカバーナビーチで開催され、以降BSWW(ビーチサッカーワールドワイド)等の団体が世界選手権を継続して開催。2005年、従来の世界選手権がFIFA主催のビーチサッカーワールドカップとして開催されて以降2019年で10回目を迎える。

世界のビーチサッカー強豪国であるブラジル、スイス、ロシア、イラン等においては、高い技術レベルでの国内リーグ戦が展開され、年々レベルが高くなっている。観客数においても、例えばブラジルのマナウスFCは、約3万人を収容するスタジアムで試合を行い、ビーチサッカーで最多の観客動員を誇ると称されている。

日本においては、現在、ビーチサッカーの全国リーグが無い。リーグ戦としては、北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州の全国9地域でビーチサッカーリーグが4月~10月の期間中開催され、その地域BSリーグ代表チームによるチャンピオンシップが年1回開催されている(2017年52チームの参加)。
また、JFA主催「全国ビーチサッカー大会」の地域予選が上記の全国9地域で開催され、その地域代表チームによる本大会が年1回開催されている(2017年100チームの参加)。
その他、夏場を中心として、民間企業や実行委員会、地方自治体主催の大会が全国各地で開催されており、その数は年々増加している。

ビーチサッカー日本代表は、FIFAビーチサッカーワールドカップアジア予選を常に突破し続けており、第1回(2005)FIFAビーチサッカーワールドカップで4位、その後、第2回(2006)大会、第5回(2009)大会、第7回(2013)大会及び第8回(2015)大会でベスト8の成績を収めている。
第9回大会(2017)大会では、優勝したブラジル、準優勝のタヒチと予選リーグ同組となり予選リーグ敗退という厳しい結果となったが、第1回(2005)大会でビーチサッカー日本代表をW杯4位に導いた実績を持つ、ラモス瑠偉監督が招聘され、第10回大会(2019)大会での活躍が大いに期待されている。

FIFAビーチサッカーワールドカップ 戦績(ビーチサッカー日本代表戦績)

  • 開催年
  • 開催地(国)
  • 監督
  • 成績
  • 優勝国
  • 受賞歴
  • 2005年
  • リオデジャネイロ
    (ブラジル)
  • 監督
  • ラモス瑠偉
  • 成績
  • ベスト4
  • 優勝国
  • フランス
  • 受賞歴
  • フェアプレー賞
  • 2006年
  • リオデジャネイロ
    (ブラジル)
  • 監督
  • 鳥飼 浩之
  • 成績
  • ベスト8
  • 優勝国
  • ブラジル
  • 2007年
  • リオデジャネイロ
    (ブラジル)
  • 監督
  • ネネン
  • 成績
  • グループリーグ敗退
  • 優勝国
  • ブラジル
  • 2008年
  • マルセイユ
    (フランス)
  • 監督
  • 河原塚 毅
  • 成績
  • グループリーグ敗退
  • 優勝国
  • ブラジル
  • 2009年
  • ドバイ
    (アラブ首長国連邦)
  • 監督
  • ラモス瑠偉
  • 成績
  • ベスト8
  • 優勝国
  • ブラジル
  • 受賞歴
  • フェアプレー賞
  • 2011年
  • ラヴェンナ
    (イタリア)
  • 監督
  • ラモス瑠偉
  • 成績
  • グループリーグ敗退
  • 優勝国
  • ロシア
  • 2013年
  • タヒチ
    (フランス領ポリネシア)
  • 監督
  • ラモス瑠偉
  • 成績
  • ベスト8
  • 優勝国
  • ロシア
  • 受賞歴
  • シルバーボール賞
    (茂怜羅オズ)
  • 2015年
  • エスピーニョ
    (ポルトガル)
  • 監督
  • マルセロ・メンデス
  • 成績
  • ベスト8
  • 優勝国
  • ポルトガル
  • 2017年
  • ナッソー
    (バハマ)
  • 監督
  • マルセロ・メンデス
  • 成績
  • グループリーグ敗退
  • 優勝国
  • ブラジル
  • 2019年
  • パラグアイ
  • 監督
  •  
  • 成績
  •  
  • 優勝国
  •  

※ 茂怜羅オズ選手 シルバーボール受賞
2013年9月18日より28日までタヒチで開催された「FIFAビーチサッカーワールドカップ タヒチ2013」において、ビーチサッカー日本代表キャプテンの茂怜羅オズ選手が、シルバーボールを受賞。シルバーボールはゴールデンボール(大会最優秀選手)に次ぐ賞であり、大会4得点を挙げ、日本代表をベスト8へと導いた活躍が評価されての受賞となった。

AFCビーチサッカー選手権 兼FIFAビーチサッカーワールドカップアジア予選(ビーチサッカー日本代表戦績)

  • 開催年
  • 開催地(国)
  • 監督
  • 成績
  • 優勝国
  • 受賞歴
  • 2006年
  • ドバイ
    (アラブ首長国連邦)
  • 監督
  • 鳥飼 浩之
  • 成績
  • 準優勝
  • 優勝国
  • バーレーン
  • 2007年
  • ドバイ
    (アラブ首長国連邦)
  • 監督
  • ネネン
  • 成績
  • 準優勝
  • 優勝国
  • アラブ首長国連邦
  • 2008年
  • ドバイ
    (アラブ首長国連邦)
  • 監督
  • 河原塚 毅
  • 成績
  • 準優勝
  • 優勝国
  • アラブ首長国連邦
  • 2009年
  • ドバイ
    (アラブ首長国連邦)
  • 監督
  • ラモス瑠偉
  • 成績
  • 優勝
  • 優勝国
  • 日本
  • 2011年
  • マスカット
    (オマーン)
  • 監督
  • ラモス瑠偉
  • 成績
  • 優勝
  • 優勝国
  • 日本
  • 2013年
  • ドーハ
    (カタール)
  • 監督
  • ラモス瑠偉
  • 成績
  • 準優勝
  • 優勝国
  • イラン
  • 2015年
  • ドーハ
    (カタール)
  • 監督
  • マルセロ・メンデス
  • 成績
  • 準優勝
  • 優勝国
  • オマーン
  • 受賞歴
  • MVP
    (茂怜羅オズ)
    得点王
    (後藤崇介)
  • 2017年
  • トレンガヌ
    (マレーシア)
  • 監督
  • マルセロ・メンデス
  • 成績
  • 第3位
  • 優勝国
  • イラン
  • 2019年
  • パタヤ
    (タイ)
  • 監督
  • ラモス瑠偉
  • 成績
  • 優勝
  • 優勝国
  • 日本
  • 受賞歴
  • MVP
    (茂怜羅オズ)
    得点王
    (茂怜羅オズ)

※2015年よりアジアサッカー連盟が主催するAFCビーチサッカー選手権として開催。
※AFCビーチサッカー選手権(AFC Beach Soccer Championship)はアジアサッカー連盟が主催するビーチサッカーのアジア選手権である。

アジアビーチゲームズ(ビーチサッカー日本代表戦績)

  • 開催年
  • 開催地(国)
  • 監督
  • 成績
  • 優勝国
  • 受賞歴
  • 2010年
    (第2回)
  • マスカット
    (オマーン)
  • 監督
  • ラモス瑠偉
  • 成績
  • 準々決勝敗退
  • 優勝国
  • アラブ首長国連邦
  • 2012年
    (第3回)
  • 海陽
    (中華人民共和国)
  • 監督
  • ラモス瑠偉
  • 成績
  • 準々決勝敗退
  • 優勝国
  • イラン
  • 2014年
    (第4回)
  • プーケット
    (タイ)
  • 監督
  • マルセロ・メンデス
  • 成績
  • 準優勝
  • 優勝国
  • イラン
  • 2016年
    (第5回)
  • ダナン
    (ベトナム)
  • 監督
  • マルセロ・メンデス
  • 成績
  • 優勝
    (金メダル)
  • 優勝国
  • 日本

※ビーチサッカー日本代表は、第2回(2010年)大会より参加。
※アジアオリンピック評議会がビーチサッカー競技をアジアビーチゲームズの1種目として開催し、2008年以降隔年にて開催している。

第1回(2008年) インドネシア バリ ※ビーチサッカー競技開催なし
第2回(2010年) オマーン マスカット
第3回(2012年) 中華人民共和国 海陽
第4回(2014年) タイ プーケット 《ビーチサッカー日本代表 準優勝》
第5回(2016年) ベトナム ダナン  《ビーチサッカー日本代表 優勝》