ニュース & トピックス

【大会運営協力】第1回ビーチサッカー沖縄カップ
配信日:2017/12/27 カテゴリー:その他

f:id:beachsoccer:20171220165713j:plain

2017年12月16日(土)、17日(日)@西原きらきらビーチで第1回ビーチサッカー沖縄カップが開催されました。この大会は日本ビーチサッカー連盟の加盟チームであるソーマプライア沖縄が主催する大会で、沖縄エキシビジョン合宿(交流大会)として開催されたトップカテゴリーからジュニアカテゴリーまで全部で30チームが参加する2017年最後のビッグイベントとなりました。

 

f:id:beachsoccer:20171220204320j:plain

【トップカテゴリー参加チーム】

アヴェルダージ熊本BS(熊本県/九州BS)

インテルジャパンBS(神奈川県/関東BS)

クラブアレイア(静岡県/東海BS)

ソーマプライア沖縄(沖縄県/九州BS)

ドルソーレ北九州(福岡県/九州BS)

レーヴェ横浜(神奈川県/関東BS)

f:id:beachsoccer:20171220165840j:plain

 

【決勝戦】アヴェルダージ熊本BS 8-4 レーヴェ横浜

2017年の全国ビーチサッカー大会、BeachSoccer地域リーグチャンピオンシップの2大大会で共に準決勝で対戦している両チーム。2度の対決はアヴェルダージ熊本BSが制しておりレーヴェ横浜としてはリベンジを賭けた戦いとなりました。

 

第1ピリオドは開始3分アヴェルダージ熊本BS 西口選手の先制点を皮切りにお互い点の奪い合いが繰り広げられます。レーヴェ横浜は2点リードされるも小川選手、岡田選手の連続ゴールで追いつきます。しかし9分、アヴェルダージ熊本BS 松岡選手の今大会7ゴール目で再びリード奪います。

 

第2ピリオドにはいるとアヴェルダージ熊本BSのペースになり、木船選手、西口選手の連続ゴールで点差を広げます。1点返されるも、坂田選手の豪快なオーバーヘッドが決まり6-3と優勢に試合を進めます。

 

第3ピリオドもアヴェルダージ熊本BSは点を積み重ね8-4でタイムアップ。アヴェルダージ熊本BSが第1回ビーチサッカー沖縄カップの栄冠を勝ち取りました。

 

また、大会ではリスペクト宣言も行われ、審判団にリスペクト・フェアプレー賞が贈呈されました。

 

【大会協力】

一般財団法人日本ビーチサッカー連盟(大会運営協力)

一般社団法人沖縄県サッカー協会(大会審判協力)

ビーチサッカースクラップ[BSS](広報全般協力)

 

トップカテゴリー結果表(第1回沖縄カップ)PDFファイル

大会詳細はこちら

大会レポート(BSS)

大会特設ページ(BSS)

f:id:beachsoccer:20171220210044j:plain