【蹴球通信】ビーチサッカー連盟便りVol.15~ドルソーレ北九州レディース

  • 掲載日:2019.04.27
  • カテゴリ:ニュース

【JFA  news  2019年4月号】http://www.jfa.jp/news/00021030/

全国のビーチサッカーファミリーの活動をリレー形式で伝える【ビーチサッカー連盟便り】(「JFA News」『蹴球通信』欄内)。連載2年目は、JBSFに加盟するチームから、それぞれ特色ある取り組みを紹介していきます。

今回は、3月に沖縄で開催された「第1回Beach Soccer地域女子チャンピオンズカップ」で女王の座に輝いた<ドルソーレ北九州レディース> より
大会6試合で15得点を挙げるなどチームを牽引した 串山早希選手 からの熱いメッセージです!

「ドルソーレ北九州レディースの想い」
ドルソーレ北九州レディース 串山 早希

2016年4月にドルソーレ北九州レディースが発足しました。

日本一になりたいという夢を持ち、仲間を集めるところからスタートしました。しかし、日本一になりたいという夢はあっても、日本一になるための大会がなく仲間がなかなか集まらない当時は、いかにビーチサッカーを楽しみ、女子のビーチサッカーを知ってももらうのか。ただただ夢中に取り組んできました。

ドルソーレ北九州では、ビーチサッカーだけでなく地元行橋に愛されるチーム、地域の方々との交流、子ども達とのサッカー教室など、少しでも多くの方々にまずはビーチサッカーを知ってもらえるように活動しています。

そんな取り組みをしているうちに仲間が、一人また一人と増えてきました。目指すところは・・・。熱い仲間たちと常に高いところをみて突き進んでいきました。女子の大会が全国的に少ない中、日本で行われる女子の大会にできる限りエントリーしていこうということから、新潟や東京など行ける範囲での大会に参加してきました。しかし、女子の大会が少ないため、ドルソーレ北九州レディースは男子の大会にエントリーしようというみんなの熱い思いからたくさんの試合を経験することができました。男子との試合では、スピード・フィジカルなど全くかないません。しかしビーチサッカーに対する思いは負けません。そんな中、男子との試合でも身体を張って戦うドルソーレ北九州レディースは、毎試合けがをする選手がいたり、骨折して手術する選手もでました。

そうして、たくさんの経験をしたチームメイトと日本一を信じて4年目。2019年に日本ビーチサッカー連盟が主催する第1回Beach Soccer地域女子チャンピオンズカップが沖縄で開催されました。大会を開催してくださった日本ビーチサッカー連盟の皆さま、大会関係者の方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。1試合1試合たくさんの方々の声援をうけながら、対戦相手がいる幸せ、そして日本女子ビーチサッカーが発展していることを実感しながら戦うことができました。そうした記念すべき大会で初代チャンピオンになれたことはとても誇りに思います。

ドルソーレ北九州レディースが、これからの日本女子ビーチサッカーを引っ張っていく存在である為に自分たちにできる最大限の努力をこれからも続けていきたいと思います。

◆JFAnews購読について
http://webshop.jfa.jp/fs/jfagoods/c/gr1

◆ドルソーレ北九州 ホームページ
https://www.dorsole.com/

◆第1回Beach Soccer地域女子チャンピオンズカップ
http://jbsf.or.jp/?p=4488

◆第1回Beach Soccer地域女子CC.ダイジェスト動画(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=2zFebLPqr6k